足の臭いを抑える靴の選び方

MENU

足の臭い対策での靴の選び方

足の臭いの発生を防ぐ靴の選び方

下駄やサンダルのような開放的な靴をはかない限り、
靴の中というのは、高温多湿な環境になってしまいます。

 

それでも靴は履かなければいけませんし、靴を履かないというわけにはいかないでしょう。

 

靴を選ぶときはファッション性や機能性にもこだわりたいところですが、足の臭いを第一に考えるなら
「通気性が良い」ということが第一条件になります。

 

足の臭いの原因は細菌が繁殖することによって臭いますが、
通気性を良くして、細菌が繁殖しにくくすることは可能です。
常に靴の中が乾燥しているような状況では、細菌も繁殖できないので、
できる限り通気性の良い靴を履くのがいいでしょう。

 

 

天然皮革で通気性アップ

革靴やブーツなどを履いていると、通気性が悪いために、
靴が蒸れてしまって、臭いの元になってしまいます。

 

そういう場合には「天然皮革」で作られた革靴やブーツを履くといいでしょう。
天然皮革は通気性に優れているだけではなく、吸湿性にも優れています。
汗などの水分も吸い取ってくれて、通気を良くしてくれるので、靴の中は合皮のものと比べて、
かなり乾燥している状態となります。

 

天然皮革のものと合皮のものを比べると、価格的には天然皮革の方が少々高いですが、
長持ちしますし、ちゃんと手入れをしていると、足の臭いも抑えてくれます。

 

 

自分に合った靴のサイズを選ぼう

原因のところでも少々紹介しましたが、靴のサイズが合っていないと、大きすぎても小さすぎても足の臭いの原因になってしまいます

 

ポイントとしては、足の指周りの部分にちょっとした余裕があって、他の部分はぴったりというのがベストなポイントです。

 

指周りに余裕がないと、指と指の間が汗でネバネバしてきて、そこに細菌が住み着くことになります。
そのため、水虫などは足の指の間にできることが多いのです。

 

 

靴の手入れ

「靴の手入れ」と聞くと、「色々と面倒なことをするんだろうな」と考えている方は多いかもしれませんが、
そんな大したことをするわけではありません。

 

靴を脱いで、脱いだ靴を乾かすというだけです。
最低1日は陰干しをするだけでいいのですが、さらに手入れをする方は、
中に除菌スプレーを一吹きしておけば細菌の繁殖やバクテリアの繁殖をかなり抑えることができます。

 

細菌やバクテリアが繁殖していないと、靴も長持ちするので、オススメです。

 

靴の中に消臭剤を入れておいても、次に履くときに気分良く履くことができるのでオススメですね。

 

その他にも「中敷を変える」という手段もあります。
足の裏が接している靴の中敷を毎日変えて洗濯したり除菌することで、
ある程度毎日履くこともできるようになります。

 

最近は消臭効果のある中敷も増えてきているので、上手に活用して靴に残る嫌な臭いを軽減させましょう。

 

NEXT:足の臭いを抑える靴下の選び方