足の臭いの原因

MENU

靴を脱いだ瞬間の足の臭いの原因

足の臭いの原因となる汗

足の裏というのは、身体の中で最も汗をかく部分のひとつで、
実に1日コップ1杯分の汗をかくといわれています。

 

よく「汗臭い」というように言われますが、「汗」自体には臭いを発する物質はありません。

 

ただし、汗に細菌がついてその細菌が繁殖するので、細菌が臭うのです。

 

さらに、靴を履くと、中の湿度は上がり、温度も体温と同じく36度前後に保たれてしまいます。

 

この温度は細菌が繁殖するのに最も適した温度となっているので、
細菌の繁殖が活発になり、さらに臭うことになります。

 

男性の革靴や女性のロングブーツなどは、
空気が抜け出す隙間もないので、さらに汗をかきやすく、
革の臭いと汗の臭いでもの凄い悪臭となります。

 

悪臭だけなら対処のしようもありますが、さらに水虫まで併発してしまいます。

 

 

女性特有の問題

夏場の女性はサンダルやミュールなど通気性の高い靴を履いていることが多いのですが、
それでも足の臭いを気にする人が多いです。

 

この理由としては「ストッキング」にあります。
足を綺麗に見せるためにストッキングを履く女性は多いですが、このストッキングは
吸収性に乏しいので、ストッキングの中で蒸れるということになります。
そうなると、夏だけに汗を沢山かいて、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうのです。

 

夏だけじゃなく、冬も危険

女性は特に、冬も近づいてくると、ロングブーツを履くようになります。
このロングブーツも通気性が悪くなっているものが多く、革でできていることも多いので、余計に臭う原因となります。

 

「冬だから汗をかきにくい」と思われるかもしれませんが、
密閉されたブーツの中は、通常の靴よりも蒸れた状態になってしまうので、足の臭いが強烈になってしまう原因になります。

 

 

臭いの原因となる汗の種類

汗をかくとは、身体にある「汗腺」という器官から汗を分泌することを指します。
私たちの身体には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2つの汗腺があって、
主に、足の裏にある汗腺は「アポクリン腺」となっています。

 

 

エクリン腺の特徴は体温調節ですが、アポクリン腺の特徴は
「強いストレスを感じたときに出る汗」となっています。

 

  • 高いヒールを履く
  • 通気性の悪い革靴やロングブーツを履く
  • 足のサイズに合っていない靴を履く

これら全てが足にストレスを与えてしまいます。

 

 

靴や汗以外の原因

革靴や通気性の悪い靴を履いて生活をし続けて、対策をとっていないと「水虫」になります。
この水虫も、基本的には雑菌が繁殖してできるという過程がありますので、
「水虫が臭う」ということもあります。

 

水虫が臭う場合は、医師の診断を仰いで対処しないと、後々に大変なことにもなるので、気をつけてください。

靴を履いていると足が臭くなるのはなぜ?関連ページ

細菌の繁殖
長時間靴を履いていて汗をかき蒸れた足は臭いが発生します。
その臭いの原因は足の中で繁殖した雑菌にあるのです。
このページではそのメカニズムと対策についてご説明します。
水虫菌
水虫になってからさらに足の臭いも気になりだしたという方はいますか?
そうなると臭いの原因は水虫だと思いがちですが、そうだとは言い切れません。
このページで水虫という病気についてと足の臭いの関係を見ていきましょう。